Wifi接続速度を改善する方法とは

一般的にオフィスや家庭ではインターネットに接続をするために、光回線またはADSLを利用しています。

最近はモバイル機器を利用する人が増えていますし、ノートパソコンの中にはLANケーブル用のソケットを備えていない製品もあるのでWifi接続を使用するケースが増えています。Wifi接続を利用すればケーブルが不要なので、有線接続よりも使いやすいというメリットがあります。そのかわりにLANケーブルで接続をする場合よりも回線速度が遅いというデメリットがあります。同一のルーターを利用する場合に通信速度を比較すると、LANケーブルを接続する場合よりも半分かそれ以下になってしまいます。

有線接続と比較するとWifiは通信速度が遅くなってしまいますが、改善する方法がいくつか存在します。無線LAN用のルーター機器は基本的に常時電源をオンにして使用しますが、1年に1度程度の頻度でリセットをすると回線速度が回復する場合があります。電波の受信状況をチェックしてみる方法もあります。

モバイル機器で無線Wifiの電波の強度を測定して表示する無料アプリをインストールして起動すると、信号の強さを確認することができます。電波が弱いことが原因で遅くなっている場合には、中継器と呼ばれる装置を設置すると改善します。他の親機の電波との混信が原因で遅くなってしまう場合もあります。特に2.4GHz帯は混雑しやすいので、手動で設定して空いているチャンネルに切り替えることができます。電波の混雑状況は、スマートフォンまたはタブレット用のアプリを利用すれば簡単に確認をすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *