Wifiルーターの規格と通信速度を早くする方法

Wifiルーターはまず、速度の規格があります。11acは6.9GHzと最も早く、次に11nの600Mbpsで11aの54Mbpsとなります。

この規格は5GHzでの規格で使用できます。2.4GHzでの使用は11aの54Mbpsと11gの54Mbpsと11bの11Mbpsがあります。利点は5GHzは安定して高速通信が可能です。2.4GHzは障害物などに強く対応機種が多いことが利点です。また、Wifiの互換性としてはいくら早いルーターを使用しても通信速度が遅い機器でWifiを使用しているとその遅い速度になるので注意が必要です。

また、一部のスマートフォンやゲーム機等は2.4GHzでの使用のみの対応になるので注意が必要です。また、少しでも通信速度が少しでも早くするには周りに障害物を置かないことや強い2.4GHzや5Ghzの機械と干渉しない場所に設置することと1階より2階など少しでも高い場所に設置するとより安定して電波が飛びます。

他にも隅々まで届くルーターを選ぶ基準として、外部アンテナ付きの商品を選ぶ事やあまりにも口コミが悪く接続状態の悪い物は選ばない事が挙げられます。実際に使ってみたときの評価というものとメーカーの公称値との電波の届き具合の差もあるので実際使った意見を参考にするのも良いです。それに、あまりにも届く範囲が広い場合や障害物が多く届きにくい場合は中継器を付けるとよりよく電波が飛びやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *